白熱灯や蛍光灯とこんなに違う!LED照明の特徴とメリットとは

そもそもLED照明とは何か

LED照明とは、発光ダイオードを使用した照明器具のことを言います。従来の白熱電球から、徐々にLED照明が主流になってきています。元々発光ダイオードは赤色が最初に発明され、次に緑色の発光ダイオードが発明されました。これだけでは照明器具に使用される白色を再現することが出来ませんでしたが、1990年代に青色の発光ダイオード半導体が発明されたことにより、照明器具にLEDが使用されるようになりました。従来使用されてきた白熱電球や蛍光灯と比較し、寿命が長く、発熱性が低いなどのメリットがあります。

LED照明のメリットとは

LED照明には色々な特徴がありますが、一番のメリットは寿命が長い点です。一般的な白熱電球と比べると約40倍、蛍光灯と比べると約4倍の寿命と言われています。そのため、照明を交換する手間やコストを抑えることができます。また、消費電力も従来の照明器具と比べると少ないのもメリットです。白熱電球の約6分の1、蛍光灯と比べると2分の1とされています。金額的にも電力的にもエコな照明と言えます。その他には水銀やカドミウム、鉛などの有害な物質を使用していない点も挙げられます。従来の照明では廃棄処分の方法に手間がかかりましたが、有害な物質を含まないため環境にも優しい照明です。

紫外線や赤外線をほとんど放出しないため、紫外線に集まる性質を持つ虫が寄ってこなくなったり、生鮮食品売り場で使用される場合には食料品の劣化を助長しないと言った特徴もあります。発熱量が少ない点も生鮮食品売り場に利用されやすい理由になります。

LEDライトパネルは、普通の電球ではなくLED電球を利用しているため、電気代が抑えられる、電球のもちが良いなどのメリットがあります。